mayou

迷う夢、道に迷う夢、迷子の夢など迷う夢にまつわる夢はいくつか存在します。

迷う夢は私たちにどのような未来を教えてくれるのでしょうか?

※下の目次をクリックすると目的の項目へ移動できます。

迷う夢 概要

夢は深層心理と深いつながりがあります。

また夢の中は、私たちが生活している現実社会と違い、心の奥底で思っていたことがダイレクトに反映される世界とも言えます。


スポンサードリンク



迷子の夢や道に迷う夢は、現実社会での悩みと直結している可能性があります。

迷子の夢や道に迷う夢を知ることで悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。

迷子になる夢

建物の中で迷子になる夢

★募る苛立つ想い★

建物の中で迷子になる夢は、思い描いていた希望が叶っていないことに対する苛立ち焦りをあらわしているものです。

 

まずは冷静になって周りを見渡してみましょう。

 

そうすることで、今自分が何階にいるのか、上に行けば良いのか、それとも下に降りたほう良いのか、という自分の置かれている状況とその最善策を考えることができます。

この夢は苛立ちや焦りのあまり冷静さを失っては、さらに深刻な事態へと発展してしまう可能性があることを教えてくれているものです。

駅(ホーム)で迷子になる夢

★人生の転機を示している☆

夢占いにおいて駅は卒業・出会い・別れ・結婚・出産という人生の節目や転機をあらわしています。

その駅で迷子になっている夢は、あなたが人生の選択に悩んでいることをあらわしています。


スポンサードリンク



もしかしたら、

プロポーズされて悩んでいるのかもしれません。

告白されて悩んでいいるのかもしれません

もしくは告白しようとして悩んでいるのかもしれません。

又は進路などで悩んでいるのかもしれません。

 

いずれにしても、人生を左右する場面に直面している可能性があります。

 

誰かに相談することも良いですが、最終決断をおこなうのはあなたです。

自分の人生の決断は、あなたがしなければならないのです。

 

また、駅であまり動かずにじっとして不安な気持ちが強い夢は、人生において重大な決断に迫られる時期が近づいてきてることに対しての不安な気持ちをあらわしているものです。

学校で迷子になる夢

★人間関係で悩んでいる★

学校で迷子になる夢。

学校はそれほど大きな建物ではないので、迷子になることは普通考え難いです。

しかし、そこは夢の中なので、このような状況があってもおかしくはありません。

 

学校で迷子になる夢は人間関係であなたが悩んでいることをあらわしています。

友人、同級生、同僚、先輩、上司から嫌われているんじゃないかと気にしていることを示しています。

 

自分が避けられているんじゃないかとか、嫌われているのではないだろうか、などと感じている多くは思いすごしでであったりします。

変に意識してよそよそしくすることで相手もあなたと同じ印象を抱いてしまい、かえって人間関係を悪化させかねません。

もう少しフランクさを身につけることで人との輪を広げていけるのだと夢占いは教えてくれています。

選択(進路)に迷う夢

★大きな決断が迫っている★

夢の中で選択に迫られてそこで迷ってしまうのは、人生において何かの決断に迫られていることをあらわしています。

 

それは人生を左右するほどの重大な選択かもしれません。

夢の中で迷っているのは、まだ決めかねていることをあらわしています。

 

もしかしたら、決断するための判断材料が少ない可能性もあります。

多くの資料などを取り寄せたり、ネットで調べたりして慎重に選択するようにという夢からの警告とも言えます。

道に迷う夢

車で道に迷う夢

★道に迷う夢で知るホントの自分☆

車で道に迷う夢は、あなたのその時の感情によって意味合が異なります。

 

道に迷ってパニックになってしまう夢は、些細なことで取り乱しやすい性格の持ち主であることをあらしています。

 

道に迷いながらも冷静に正しい道にたどり着こうとしているのならば、すぐに物事を諦めずに最後まで頑張りぬくことができる精神力の持ち主であることをあらわしています。

 

泣いたり怒ったりしながら道に迷っていたら、自己表現が豊かであることを示しています。

しかしこのタイプの人は気に入ないことがあったら知人にバレバレになってしまうという特徴もあります。

基本隠し事はできません。

浮気や不倫をしても追求されるとすぐにバレてしまうので気をつけてください。

 

また、道に迷う夢はその道の状態によっても解釈が異なります。

道の夢占いについてはのリンク先のページに詳しく書かれていますのでそちらを参考にしてください。

⇒夢占い|道の夢があなたに教えてくれる人生を謳歌するための道しるべ

独りで道に迷う

独りで道に迷う夢も、その時の感情によって解釈が異なります。

夢の中で迷って心細いと感じているならば、孤独な人生や安定していない人生に対する不安があられたものです。

 

迷ってはいるものの寂しいという気持ちはなく淡々と進んでいるのならば、人生を試行錯誤しながらも切り開いていく力の持ち主であることをあらわしています。

猪突猛進なところもありますが、自分が良いと思ったことを積極的に取り入れることで、良い結果を手に入れられる可能性があることをあらわしています。

また、元々は誰かと一緒にいたものの、途中ではぐれてしまった夢は、その誰かとの関係が冷え切ってしまっていることをあらわしています。