photo

写真を撮る夢、写真を撮られる夢、心霊写真を撮る夢、写真を見る夢、写真をもらう夢など写真にまつわる夢は数多く存在します。

写真の夢は私たちに、どのような意味を教えてくれるのでしょうか?




スポンサードリンク



写真の夢

☆写真が映し出すあなたのヴィジョン☆

夢の中で見た写真はどのような感じでしたか?

写真の夢は

・何かを記憶しておきたいという想い

・誰かに認められたいという気持ち

・自分でも気づかなかった自分という存在

などなど、様々ことを教えてくれます。

ここからはさらに細かく写真の夢について見ていきましょう。

写真を撮る夢

☆興味と記憶☆

写真を撮る夢にはいくつかの解釈あります。

まず、知っている異性の写真を撮る夢は、その異性への関心や興味を意味しています。

もしかしたら、あなたは自分でも気づかないうちにその異性への想いが募っているのかもしれません。

あなたが撮ったその異性の写真や画像を楽しげに見つめていたら、関心や興味から恋心へと変化し始めていることをあらわしています。

そろろそ自分の気持ちに気付いても良いのでは!という夢からのメッセージとなります。

 

しかし、被写体が同性であったり、見知らぬ人である場合は、その人物の行動や人間性を記憶しておきたい気持ちが写真を撮るという行動を起こさせたと考えられます。

その人から何かを学びたい、または、反面教師のように、この人のようにはなりたくないという気持ちのあられだと言えます



スポンサードリンク



また、被写体が人以外の場合は、それを写真として残すことで、心に留めておきたいことがあことをあらわしています。

写真を撮る夢を頻繁に見る人は、多くの事柄に関心を持てる人です。

それは、あなたがスルドイ観察眼を持っている証でもあります。

今後は今以上に広い視野で世界をとらえることで、出会ったチャンスにフォーカスして、たくさんの福を呼び込めるようになると夢占いは教えてくれています。

写真を撮られる夢

☆スポットライト☆

写真を撮られる夢は、見られたいという欲求が原因であることが多いです。

知っている特定の人に写真を撮られる夢は、、その人にもっと自分のことを見て欲しい、注目して欲しい、という気持ちのあらわれです。

多くの見知らぬ人からフラッシュを浴びて、パシャパシャと写真を撮られる夢は、あなたが華やかな大きな舞台でたくさん人から脚光を浴びたいという気持ちのあらわれです。

あなたは人から認められたいとう欲求が強く、自己主張をして自分の存在をアピールしたいと思っています。

 

さて、あなたは今、多くの人に注目される生き方を選択していると言えますか?

あなたは、人一倍認められたい気持ちが強いのに、みんな(または特定の人)に注目されなくて辛い想いをしていませんか?

実は、この夢を見る人の多くはつつましくあまり人から注目されないように生きてきた人が多いです。

夢は心の奥底にひそむ、隠された強い願望にアクセスしてしまうことがあります。

注目されていないからこそ、注目されたいと思うのが人間です。

自分の気持ちに気付いて、積極的な自分を演出できるようになれば、今よりもハッピーな明日が送れるのでは!と夢占いは教えてくれています。

自分で自分の写真を撮る夢

☆ナルシスト傾向☆

自分で自分の写真を撮る夢は、上記の「写真を撮る・写真を撮られる」という二つの行為を同時に行うことです。

”写真を撮る”という行動に注目すると、夢占いでは被写体への関心をあらわすので、あなたは自分自身に強い関心・興味があるということになります。

もしかしたら、自分自身のことがとても好きなのかもしれません。

ここまでくると相当に自己顕示欲が強い人であることを示してします。

そこまで行かなくとも、自分自身に何かしらの興味が出てきてるサインと考えられます。

 

”写真を撮られる”という行動に注目すると、もっと自分のことを見て欲しいという欲求があらわれたものとなります。

しかし、その相手である写真を撮っているのも自分なので、もっと自分の深い内面に関心を持って欲しいという、もうひとりのあなたからのメッセージとなります。

心霊写真の夢

☆警告と真理の向こうの心理☆

夢の中の心霊写真はどのような感じでしたか?

心霊写真にもいくつかのタイプがあります。

たとえば、あなた自身の体の一部が写っていなかったり変形している夢は、その部分に注目するようにという警告夢の可能性があります。

そこに変調をきたすサインであったり、怪我をする前触れを暗示していることもあるので注意しましょう。

 

それとは、別に幽霊的なものが写りこんでいる場合は、また別の解釈となります。

夢は、深層心理が具現化されたもので、”不安”や”悩み”などマイナスの心理が浮き彫りになりやすいという特徴があります。

実はその際、夢にフィルターがかかっている場合があります。

 

これは、テレビが自主規制としてモザイクなどをかけているのと同じようなことです。

たとえば、あなたが誰かに対して強い負の感情を持っていたとします。

それが一番ストレートにあらわれた夢は、相手のことを刺したり殺そうとする夢です。

しかし、そこに理性というフィルターがかかります。

すると、凶暴なスズメ蜂があなたの周りをブンブンと飛び回るという夢に書き換えるられることがあります。

この場合のスズメ蜂はあなたが抱いている負の感情を象徴したものとなります。

 

そのフィルターで取りきれなかった残留思念が写真に心霊となって映し出されたものです。

これは、あなたのもっとも人間臭い感情が見え隠れしているものと言えます。

写真に映し出された心霊を読み解くことで、本当のあなたと遭遇できる可能性を夢占いは教えてくれています。

写真を見る

自分の写真を見る夢

☆外から見つめる自分☆

自分の写真を見る夢、

あなたは夢を見るときの目線はどの位置を示してしますか?

 

つまり、ドラマやテレビを見ているような感覚で離れたところから自分を見ていますか?

それとも、夢の中のあなた自身の目線で夢を見ていますか?

 

男性の多くは客観的に夢を見るかたが多く、女性は自分目線で夢を見るかたが多いと言われています。

これは、女性のほうがドラマなどで登場人物に感情移入しやすいことと関連しています。

自分を外側から俯瞰的(ふかんてき)、客観的に見ることは、他人の目線で自分を見れるということです。

すると、他人が思っている自分と、自分が思っている自分とのギャップがなくなり、自分というものに対しての認識を他人を共有できることを意味します。

 

ようするに”なんで私のことをわかってくれないの!?”というセリフを言う機会が減っていくことを意味します。

なぜなら、あなた自身が自分を客観的にわかっているので、感情のすれ違いが起こりにくくなっているからです。

 

自分の写真を見ている夢は、まざしく客観的に自分を見ようとしている心のあらわれです。

この夢は、自分を他人目線で見ることで本当の長所と短所を知り、対人関係において素敵な良縁に恵まれる可能性があることを示しています。

昔の写真を見ている夢

☆良い思い出と再チャレンジ☆

昔の写真を見ている夢の印象が良かったら、その当時の思い出を懐かしんでいたり、良い思い出にひったている状態をあらわしています。

それは、同時に今が充実していなと感じていることを意味します。

過去の栄光や思い出にすがり、気持ちが後ろ向きになっていると言えます。

また、セピア色に染まった記憶は、どうしても良いことばかりが心に残っていたりします。

もう少し現実を噛み締めて、前を向いて歩いていく努力をしましょうという夢からのメッセージとなります。

 

また、昔の写真を見ているけど、何かが心に引っかるという印象を持ったら、その当時に、やり残したことへの後悔、出来ることならもう一度再チャレンジしたいという気持ちがあらわれたものとなります。

キレイな景色を見ている夢

☆吉夢☆

キレイな景色を見ている夢は、あなたの精神状態が良好でストレスのない状態をあらわしています。

対人運の運気が上昇しているので、積極的に人脈を広げるには良い時期と言えます。

恋人がいない人は、良い出会いがある暗示でもあります。

好きな人と写真

☆強い願望☆

好きな人と一緒に写真を撮ったり、写っている写真の夢

あなたが好きな人の写真を撮っている夢は、あなたが好きな人に強く惹かれている状態をあらわしています。

好きな人に写真を撮られる夢は、好きな人にもっと注目されたいという気持ちのあらわれです。

好きな人と一緒に写っている写真の夢は、好きな人と記憶に残る思い出を残したいという気持ちのあらわれとなります。

 

いずれにしても、好きな人の夢は、あなたの願望が見せている夢となります。

この夢は強い願望のあらわれなので、吉夢・凶夢ような意味合いを持つ夢ではありません。

写真を貰う夢

☆込められたメッセージ☆

写真をもらう夢には、その写真に何らかのメッセージが込められているケースがあります。

この場合、相手の人はあまり意味がないことが多いです。

なぜなら、写真の中に伝えたいメッセージが重要であって、写真をくれた人物が誰であろうと、それは、もうひとりの自分を象徴している可能性が高いからです。

つまり、写真をもらう夢とは、もうひとりの自分からの何かしらのメッセージだということです。

写真を紐解くことでメッセージに関するヒントをつかめるはずです。