kenka

元彼と喧嘩する夢、友達と喧嘩する夢、喧嘩の仲裁に入る夢など喧嘩にまつわる夢は数多く存在します。

喧嘩の夢は私たちにどのような未来を教えてくれるのでしょうか?

※下の目次をクリックすると目的の項目へ移動できます。

喧嘩の夢 概要

喧嘩の夢を見る最大の原因はストレスによるものです。

このストレスは成果(何かで結果を出すことができなかった)に対して感じているものではありません。


スポンサードリンク



つまり、自分自身への不甲斐なさという感情ではなく、

 

ズバリ!人間関係によるストレスが大半を占めます。

 

喧嘩の夢は心がストレスに犯されていることに対して抗うため声を荒らげているさまがあらわれたものです。

ここからは、喧嘩の夢のからわかるストレスとその対処法についてみていきましょう。

喧嘩する夢と勝敗

☆人生最大のピンチは人生最大のチャンスなり☆

喧嘩する夢で勝った負けたというのは基本的に意味を持ちません。

強いて言えば、喧嘩の夢を見た時点でストレスが蓄積されていることになるので「負け」を意味します。

 

喧嘩の夢を頻繁に見る人は、喧嘩に勝った夢を見たとしても、また、数日後に同じように喧嘩する夢を見てしまいます。

つまり、喧嘩に勝った夢を見たとしても状況が変わっていないことをあらわしております。

 

喧嘩の勝敗にこだわるのではなく、まずはあなたの抱えているストレスの原因を先に突き止めるべきです。

それは、あなたの身近な人間関係のどこかに原因が潜んでいるはずです。

 

これほどまでにストレスを抱えてしまっているのだから、あなたにとってパワーバランスが不利となる人(上司・先輩・姑など)からストレスを受けていて、かつ容易に逃げられる状況にはないと考えられます。

 

だからあなたは打開策は存在しないと考えているんだと思います。

 

しかし、ホントにそうでしょうか!?

 

人生にはピンチとチャンスは同一世界に存在すると言われています。

つまりピンチとチャンスは裏表の関係にあるのです。

 

仕事上の上司や営業先の人間関係に悩んでいるのなら逆に転職するきっかけとも考えられるし、これを機に独立への勉強をすることもできます。

もしくは経済や投資に興味を持ち始めるかもしれません。

これらは考えようによっては”リスク”とも取れますが、転職・独立・投資で成功できればチャンスとも考えられます。

 

そして、リスクという点ではストレスを溜めすぎてうつ病などを発症してしまうこともリスクと言えるのです。

この夢は、物の見方を今までと変えることで、リスクをチャンスに「負け」「勝ち」に変換できることを教えてくれています。

 

さて、ここからはそれほど頻繁に喧嘩の夢を見るわけではないけど、自分が見た喧嘩の夢が気になるとうかたに向けてさらに詳細な喧嘩の夢について紹介していきます。

※頻繁に喧嘩の夢を見てしまう場合は、この項で説明しているようにその原因究明が先決となります。

恋人・彼氏・夫婦・旦那と喧嘩する夢

★鬱憤と前進☆

彼氏や旦那と喧嘩する夢。

日常生活でも些細なことで喧嘩が絶えないという間柄である場合は、喧嘩の夢は日常の延長線を意味しているにすぎない可能性が高いです。

もしかしたら、若干うっぷんが積もっていてそれが夢の中で発散されている状態かもしれません。


スポンサードリンク



普段からほとんど喧嘩もしないのに、夢の中で喧嘩をした場合は、お互いが意見を主張できる関係になりつつあることを示しています。

つまり一歩二人の仲は前進したと見て良いでしょう。

元彼と喧嘩する夢

★過去の良い思い出は未練とともに☆

元彼とどのような別れかたをしたかによって若干解釈は異なります。

しかし、元彼のことを憎む気持ちが強く、それが反映されて夢に出てくるのは稀なケースと言えます。

 

人間はそれほど長く負の感情をキープすることができません。

もしかしたら、奥底に蓄積されたそういう感情があり、それが夢になってあらわれたとも考えられますが、この場合は夢として見ることでストレスの緩和につながっています。

 

この夢を見る一番多い理由!!

それは、あなたが元彼に対して抱いている”未練”です。

 

もしかしたら

今のあなたには新しい恋人が既にいるのかもしれません。

旦那さんがいるかもしれません。

子供もいるかもしれません。

 

そして何より今の大切な人をホントに大事に思っているかもしれません。

 

それなのに、

元彼に未練があるはずない

と、あなたは思われるかもしれません。

 

この未練とは復縁を願う意味の未練とは少し異なります。

過去の良き思い出に浸っているという表現のほうがしっくりとくるかもしれません。

 

今の生活が落ち着いて一段落ついたころに見やすい夢と言えます。

心のどこかには、あの頃のドキドキ感を味わいたいという気持ちもあると思います。

 

しかし、別れてしまったというこは、縁がなかったということであり、それが天命なのだと想い、過去という後ろに向かって行くのではなく未来という前に向かって前進していくことこそ、あなたには必要なのだとこの夢は教えてくれています。

知らない異性と喧嘩する夢

☆ただいま恋愛運上昇中☆

知らない異性と喧嘩をしたり、殴られたりする夢は恋愛の運気が上昇しているサインとなります。

 

この恋愛運はあなたが好意を寄せている人と恋が実るというよりは、今まで知り得なかったタイプの人との出会いや、突然のデートの誘いなど恋において追う立場ではなく追われる立場としてモテやすいことをあらわしています。

 

場合によっては数人の異性から同時期に告白されるという可能性もあります。

その日のために人を見る目を養っておくのも良いと思います。

友達と喧嘩する夢

★友情にひびが★

友達と言い争いをしたりケンカする夢は、実際の友達との関係性にひびが入ろうとしていることをあらわしています。

 

しかし、夢の中で一方的に親友だと思っていた友達からケンカを吹っかけられたとしても、実は攻撃的な感情を持っているのはあなたのほうである可能性があります。

夢の中で「相手から仕掛けてきた」という状況を作ることで、あなたの中の攻撃性を正当化しようとしてると考えられるからです。

 

友達との夢については「夢占い友達」に詳しく書かれていますのでそちらを参考にしてください。

⇒友達の夢!友達が告げる言葉に隠されているヒントとは

喧嘩の仲裁に入る夢

☆もっと注目されたい想い☆

誰かと誰かが喧嘩をしていてその間に入って喧嘩を止める夢。

夢の中の二人が現実に仲が悪い場合は、仲良くして欲しいというあなたの願いが込められた夢となります。

 

この場合に考えられるのは、子供目線からの夫婦喧嘩です。

実際の両親の喧嘩を止めることは難しくとも、そうしたいという強い想いを夢の中で実現しようとする心が見せている夢と言えます。

 

特別仲が悪いわけでもない二人の喧嘩を仲裁したり、知らない人の喧嘩を止めたりする夢は、あなたの中にある”もっと自分を見て欲しい”という気持ちのあらわれです。

通常の喧嘩を想像するとわかるように、喧嘩する二人と仲裁する人では間違いなく仲裁者が一番目立つことができます。

この夢から、わかることは、あなたの心はもっと自分自身のことを発信していきたいと思っているということです。

 

場合によっては、華やかな世界への憧れに似た気持ちを抱いているかもしれません。

 

チャレンジするのに年齢もキャリアも関係ありません。

もし本当に強い思いがあるのならもう一度自分の進むべき方向性について考えてみるのも良いのではないでしょうか。

喧嘩を見ている夢

★傍観者からの脱却を望むもの☆

喧嘩を見ている夢は、あなたの日和見主義者のあらわれと言えます。

物事の中心にはおらず、どこか蚊帳の外から傍観しているという立場をとっていることを示しています。

 

自分が傷つかないための方法としては良い方法とも言えますが、この夢を見るということは、あなた自身もどこかで今の状態を抜け出したいと考えているようです。

ドラマの視聴者よりもドラマの登場人物となり、物語に参加したほうが今よりも有意義な人生を送れるのではないかと感じているのかもしれません。

 

夢で口論している際の発言や、喧嘩で殴る際の拳にはあなたの”主張”が宿ります。

つまり、もっと自分の考えを周りに伝えていくことで、あなたの人生というドラマに自ら参加することができるのだとこの夢は教えてくれています。

喧嘩する夢 まとめ

いかがだったでしょうか!?

 

喧嘩の夢は突き詰めていけばストレスが原因であることが多いです。

 

軽微なストレスは自分をやる気にさせるカンフル剤としての役割を担いますが、過度なストレスは自分の心身を傷つけるもので、速やかなケアーが必要となるものです。

喧嘩の夢からストレスとなる原因を追求し分析することで、解決策がみえてくることもあります。

 

完全なるストレスフリーな生活を送ることは、おそらく現代社会において、どのような立場の人でも無理だと思います。

人間は、人と人とのかかわり合いの中で生きていくものだからです。

 

そのかかわり合いの中で生じる歪(ゆがみ)として、どうしてもストレスを感じる場面は出てきてしまいます。

だからといって全てを受け入れるのではなく、うまく自己表現しストレスを発散させながらストレスと付き合っていくことが理想なのだとこの夢は教えてくれています。