虹

七色の虹の夢、赤い色の虹の夢、二重に見える虹の夢、欠けた虹の夢など、虹にまつまわる夢は数多く存在します。

夢占いにおいて虹の夢はどんな意味をもつのでしょうか?




スポンサードリンク



虹の夢

☆開運☆

古来の人々は虹は神様が作るアーチだと思っていたようです。

つまり天にかかる橋だと考えていたようです。

また、日本神話によるとイザナギとイザナミが虹を渡って下界に来たとされています。

旧約聖書では、ノアの大洪水によって世界が滅亡したのちに虹が、現れたことから虹は神の証とみなされました。

虹の多くは、雨上がりの見られることが多いです。

夢占いにおいてこの場合の雨は「障害」をあらわし、雨が止んだ後にあらわれる虹は、いままでの良くない運気の終わりを告げるもの象徴としてとらえられています。

虹の色

七色の虹

☆大吉夢☆

幸運をあらわす色として「紅」や「白」がありますがそれらを凌駕する色の中で最上級にあたるのが七色です。

多くの虹はこの七色を全て兼ね備えているので、色合い的にいうとバツグンに良い色となります。



スポンサードリンク




そんな七色の虹が鮮明に夢にあらわれたのなら、大いなる幸運が手に入る最良の人との運命的な出会いがあるということをあらわします。

もし、叶えたい夢があるのなば、今すぐに実現に向けて行動を起こしたほうが良いでしょう。

もし今、恋愛をしたいと思っているなら、最良の人とすぐに良い関係を作れるように心の準備をしておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、虹は消えるまでがとても早く、ビッグチャンスをつかめるのも短い期間であることをあらわしているからです。

赤い虹・紅い虹

☆財産運アップ☆

赤い虹

赤い虹というと血を連想するので、不吉かも、と想像する人もいますが、実は赤い虹は吉兆を暗示する夢となります。

七色の虹は恋愛面での幸運を予兆させるものでしたが、赤い虹は物欲に関しての幸運を得られるという暗示になります。

つまり、財産、貯蓄、収入面での幸運を得られる可能性を示しています。

しかし、すぐに行動に移さないとチャンスが消えてしまうのは上記の七色の虹と同じです。

白い虹

★運気低下★

夢占いにおいて白い色は、たいがい良い意味を持つのですが虹の場合は違ってしまいます。

なぜなら虹の場合、色の最上級である七色が存在するので、良い意味として虹が夢にあらわれるなら、キレイな七色または赤色の虹とし登場するはずだからです。

白い虹はパワーの低下を意味します。

今は運気が下降傾向にあるので、あまり無理をして突っ走るのではなく、堅実に物事進めていく時期だと夢占いは教えてくれています。

くすんだ色の虹

★不運の象徴★

キレイな七色をしていればしているほど、虹の夢占いでは良い意味を持ちます。

しかし、反対に色がぼやけていたり、くすんでいたりすると舞い込んだと思った幸運が非常にちっぽけだったり、幸運だと思っていたら不運だたりして、期待ハズレにおわることを暗示しています。

二重の虹

☆大いなる大吉夢☆
ダブルrainbow

二重に見える虹のうちハッキリと見える内側の虹が主虹、その外側に少し薄く見えるのが副虹と呼ばれるものです。

中国では虹は生物だと考えられていました。

虹の漢字の右側が「虫」になっているのはそのなごりだと言われています。

二重の虹は一対のつがいであると昔の中国の人は考えていいたようです。

主虹をオス、副虹をメスとしてとらえていました。

また、英語ではダブルレインボウと呼ばれていて、実際に見るだけも幸運が訪れると呼ばれているものです。

もちろん、それだけ縁起の良いものなので、夢で見ることができれば大吉夢であることは間違いありません。

七色に輝くキレイな虹のオスとメスを見ることができたら、恋愛運の爆アップを暗示させるものとなります。

赤い色の虹が二重に見えた場合は、大きな利得を得られる可能性を示しています。

欠けた虹

☆補完☆

一部だけがポッカリと欠けた虹の夢は、幸運を手にすることができるが、肝心なところは自分で補わなければならないことを意味します。

また、その実力はすでに備わっていることをもあらわしています。

自分に足りないこところ、もしくは、やらなければならないことを見つけ出し、実践することで大きな幸運をつかめる可能性があることを夢占いは教えてくれています。

月虹・夜虹

☆素敵な恋の思い出☆ ☆幸運☆
gutkou

月の周りにかかる虹を月虹(げっこう)と言います。

原理は昼間に見える月と同じですが、あまりはっきりと見えることは稀です。

また、現実世界と違い想像上の仮想世界である夢の中であれば、夜に虹がかかることもあるかもしれません。

夢占いにおいて夜は「成熟した」「大人」という意味を持っています。

月虹や夜虹がきれいに輝いてみえたら、大人な恋の予感を感じさせます。

それは、もしかしたら一夜限りの恋かもしれませんが、虹がキレイに見えているということは、良い思い出になる恋を体験できるということあらわしています。

また、月虹がよく観測されるハワイ諸島のマウイ島では、これを見た者には「幸せが訪れる」「先祖の霊が橋を渡り祝福を与えに訪れる」と言われています。

このことから援助者の手助けにより、願望の達成が近いこともあらわしています。