sousiki

お葬式の夢、自分の葬式の夢、知らない人の葬式の夢、葬式に参列する夢、父親母親の葬式の夢など、葬式にまつわる夢は数多く存在します。

夢占いにおいて、葬式の夢は私たちにどのような意味を教えてくれるのでしょうか?




スポンサードリンク



葬式・葬儀の夢

お葬式や葬儀の夢というと、現実の葬式のイメージとリンクしてしまい夢から目覚めたあとに、ブルーな気持ちになったりする人もいるかと思います。

しかし、夢の中で行われている葬式は”死んで生まれ変わる”という意味を含んでいます。

古代インドの思想である”輪廻転生”をあらわしているとも言えます。

つまり古い何かを捨てて、新たな風を取り込むという、実は縁起の良い吉夢です。

そんなあなたの新しい門出を予感させる葬式の夢について、ここからさらに細かく分析していきましょう。

自分の葬式の夢

☆生活と心の変化☆

自分の葬式の夢を見たら、不吉過ぎてショックを受けてしまうかもしれません。

縁起が悪そうと感じるのは無理もありません。

しかし、先程もお伝えしたように、葬式は生まれ変わりを意味し、あなたが再出発の準備段階へ移行したことをあらわしています。

この夢が暗示するものは、環境の変化と精神的変化の2通りあります。

 

環境の変化とは、

引越・転校・入学・入社など日々の生活環境に大きな変化が訪れることを意味します。

一方、精神的変化は考え方や思考など、体の内側が変化して生まれ変わることを意味しますが、こちらは、自分では気づきにくかったりします。

 

毎日鏡を見てキレイに髪型をセットする人なら、今日の髪型がキマっているとか、イマイチだなとか、その変化を知ることができます。

しかし、心の変化は鏡には映らないので、本人が気づきにくいという特徴があります。

しかし、周りの人は、その変化に気づく場合があります。

もし、環境面での変化に心あたりのないひとは、精神面での変化が起こっている可能性があります。

もしかしたら、○○さん最近変わったね!と言われることがあるかもしれません。



スポンサードリンク



親(父親・母親)の葬式の夢

☆自立☆

両親である父親や母親はあなたを庇護している者の象徴です。

その両親が亡くなった葬式の夢を見るということは、その庇護からの独立を意味します。

あなたの心の中で、独立するための決心がついたことをあらわしている

又は、事情により一人暮らしなどをする状況が生まれるといったこをあらわしています。

いずれにせよ、あなたの独り立ちが近いという意味となります。

祖父・祖母の葬式の夢

☆慈愛の象徴と心理的負担の軽減☆

祖父や祖母は甘えさせてくれる優しさの存在です。

その、祖父や祖母の葬式の夢は、あなたのが甘えている自分との決別を意味します。

今までは、どこか自分に甘かった人も、精神的に成熟さを増して、人に優しく自分に厳しい大人な自分へと変化できることをあらわしています。

また、祖父や祖母の葬式の夢には、心理的負担の軽減という意味も含まれています。

優しかった祖父や祖母が急に亡くなったしまったら、ショックも大きくなります。

そこで、あらかじめ最悪の事態を心の中で想定しておいて、実際にそういう状況になったときの、心の負担を減らすという防衛本能のあらわれで、誰しもが持っているものです。

この心理にりやすい人は慎重な性格でネガティブ思考のかたが多いですが、しかし、裏を返せば、祖父や祖母が亡くなることを非常に恐れているという気持ちのあられであり、深い愛情を持っている証と言えます。

知らない人の葬式の夢

☆自分と幸運☆

知らない人の葬儀の夢の意味は、自分の葬儀の夢と同じ意味合いになります。

つまり、新しい自分に生まれ変わることをあらわしていると言えます。

実は夢の中の知らない人の葬儀は、あなたのことを示しています。

しかし、あなたは、まさか自分の葬儀の夢だと認識できずに、その葬儀を知らな人だと思ってしまたっと考えられます。

この場合は、夢の中の葬儀の遺影の顔を思い出そうとしても、良く思い出せないという特徴があります。

しかし、夢の中にで明らかに自分は違う見知らぬ人の葬儀の夢は吉兆をあらわすサインです。

精算という意味から、今までのわずらわしい人間関係からの開放、誰かの遺産をが転がり込むという意味合いから金運の上昇など幸運を暗示するものとなります。

葬式に参列する夢

★参列しているものの先にあるものが重要☆

葬儀に参列する夢をみたあなたは、参列している間、どのような印象を受けましたか?

葬儀に参列している間、落ち着かず、順番が進むことに抵抗がある

この場合は参列している列の先にあるものは、あなたの”先々に対する不安”が象徴されたものです。

あなたが、不安に向かって順番待ちをしている状態をあらわしています。

今のままの自分で良いのか疑問を思い始めているのかもしれません。

自分がやりたいことと、今現実におこなっていることとのギャップに悩み、今後のことを考えると、このまま進むべきなのか悩んでいることをあらわしています。

いずれにせよ、将来への不安を100%取り除くことは誰でも不可能なので、色々な選択肢を増やすことを念頭に行動することで、違った未来に進める可能性があることを夢占いは教えてくれています。

 

反対に穏やかな気持ち、ワクワクした気持ちで参列をしていたら、あなたが、参列している列の先にあるものは、あなたの”先々に対する期待”です。

もしかしたら、参列している前から明るい雰囲気を感じたかもしれません。

これは、まさしくあなたが進む先の未来が、明るいことを印象づける吉夢と言えます。

葬儀の周りの””が印象的だったら人間関係が良好になっていくことを示しています。

建物や葬式の飾り付けなどが印象的だったら、物欲が満たされる良い出来事があることをあらわしています。

葬式の準備をする夢

☆気持ちの整理がついた状態☆

葬式の準備をする夢

なのかの準備をしている夢は、そこに向けた気持ちの整理がついて、準備段階を迎えていることを意味します。

それは、何かを捨てて、何かを得る覚悟ができたことをあらわします。

たとえば、これが誰かと付き合うということを意味していた場合は、ひとりでいる時間を失う代わりに、愛する人と一緒にいられる幸せな時間を得ることができるという意味になります。

反対に誰かと別れるという意味の場合は、恋人と一緒にいられなくなる代わりに、友達や自分ひとりの時間を手に入れることが出来るという意味になります。

葬式で死んだ人が生き返る夢

★未解決の問題がぶり返される★

葬式中に死んだはずの人が生き返るなんてホラーさながらの状態ですが、夢の中であれば、そのようなこともあるかもしれません。

この場合に死んだ人が象徴しているのは、解決されたはずの問題です。

あなたは、もう済んだことだと思って記憶から消去しているかもしれませんが、過去の問題が再び浮上してくるということをあらわしています。